読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そりゃまあ僕も

20代会社員、男。音楽、カメラ、時事ネタなどの雑記日記です

とてもつらい

音楽や小説が好きな人が書いてます。主なカテゴリ↓

月間6万PV達成!前月の20倍に圧倒的成長した理由を紹介します!

雑記

今月はPVを増やさないほうが難しかったですね!ブログ運営なんて楽勝です。

こんばんは皆さん!暑い日が続きますが、頑張ってブログ運営してますか?

僕は今月そこそこ頑張ったので前月の20倍に圧倒的成長しています!

 f:id:tonkotutarou:20160801022900j:image

 

今日は僕が実践したノウハウを一部紹介しようと思います!

まあ20倍と言っても6万PVなので、憧れのブロガー先輩諸氏には届いてません。

僕にとっても、まだまだ通過地点ですけどね。

ただアクセルは踏み込み始めました。 

その一環が、先日のはてなpro登録!

参考

はてなプロフェッショナルになると見える世界を教えよう - そりゃまあ僕も

そしてこのブログノウハウ公開!

 

本気で仕掛けていきたいネタPVを稼げるブログ企画を用意してたところなので、今日書くネタは大したことないです。

この程度で6万PVも行っちゃうんだな〜

って、拍子抜けしちゃうかもですw僕がそんな感じ!ギャハハ!

 

皆さんは圧倒的ですか?圧倒的成長しましたか?ブログしてますか?

この通り、僕は圧倒的成長してます!

ほら!見ての通り!

こんなスパム記事のような文体で、嘘八百を300文字書いても表情1つ変わりません

そう、表情が変わらない。顔が死んでいる。流石にそろそろ疲れてきた。なにが圧倒的成長だ。なにがブログ運営だ。ブロガーだ。ノウハウだ。

以上。全部嘘ぴょんである。

バーボンハウスへようこそ。このテキーラはサービスだ。

 

ここまでの文章は全部ウソぷっぷーだが、1つだけ真実を書いてある。

前月比20倍の月間6万PVを達成したことだけが本当だ。

そしてここからの文章はある種の懺悔になる。どうしてこうなった。

 

どうしてこうなったのか

全然全く身に覚えが無いというと、そういうわけでも無いと大っぴらに言うつもりはさらさらない上に実際のところ後ろめたいものがあるのは事実でそれを蔑ろにすることはできないわけでどういうことかさっぱり分からないはずもなくいやそれはもう早い話、

ポケモンGOに便乗しただけである。

フタを開ければしょうもない話で申し訳ない。

ポケモンGOのリリース前に、ポケモン研究所っていうグランフロントのイベントに行った記事が少しウケてたなーとは思っていた。

ただここまで便乗するつもりは毛頭なかった。僕は元来善良な人間として生きていく意志だけは持ち合わせている。

そしていざポケモンGOリリース日に大阪周辺をチョロチョロと回って感想を書き連ねたら、それはもう検索流入が増えるわ増えるわ。

その日1日で半年の合計PVに迫るわ(12,000PV)。

 

そりゃはてなproに登録するわ。

そりゃその後もポケモン記事書きまくるわ。ブログ改造しまくるわ。

まさに化け物、モンスターに魂を売ったような状態になった結果がこれである。

 

もっとも、それ以前もジワジワとアクセス頂いてた。目標地点として1万PVあたりを狙っていた。その、成果もあるとは思っている。

まあフタを開けたらモンスターの巣になったわけだが。

 

自己嫌悪してたところにいい具合にポケモンGOに修正が入ったので、流石にもうスパム記事的な便乗は控える。

書くとしても他の要素に絡めてもう少し意義のあるものにしたい。

 

今後どうするのか

まず、僕という人間の顔や人格が分かる文章を書けるよう努めていきたい。

伝わる日記や雑記を通じて、日々のウルトラハッピーメランコリーなダメ人間の自虐をもう少し増やすかもしれない。

自分語りを増やして、同じ穴の狢を寄せ集めたい。 みなさん、読者登録をお願いします。

あとtwitterをお願いします→

 

 さて、

これまでは色々と事情があって自分語りを避けてきた。

感情が伝わる文章を意識して書かなかった。

ハァ?って思われたかもしれない。いや、思っただろう。見えているぞ。ねえねえ。

 

では何をコジらせているのか

(脱線だから読み飛ばせます)

まず、僕の持論の1つに

「好き嫌いで自分を語るのではなく、自分を語ることで自分を語れ」

というものががある。

「何が嫌いかより何が好きかで自分を語れよ」という言葉に対する、本能的な嫌悪感からでっち上げた屁理屈だ。

即ち、感情を語ることは感情を語ることに過ぎず、感情の要素に優劣をつけることで自分語りをしたつもりになることに違和感がある。

そんなことを言っても、自分自身を直接言い表す言葉のみで語ったところで、意図した

100%を伝えることなど僕たちには不可能である。その理由は書くまでもないだろう。

ならば、いっそ開き直れば良いのではないか。

その不可能な言葉を無理くりに探して、それでも自分について話す姿勢を貫くことで、伝えることができる感情というものがあるのではないか。

自身の顔を自分の目で直接見ることができないように、他人が見ている自分は違う姿をしている。

どれだけ鏡でセルフプロデュースしたところで同じことだ。

だからこそ、自分を見ている他人を信頼してしまえばいい。不可能で色眼鏡を通じた自分語りに専念し、押し付ければいい。

「何言ってんねんお前は」とツッコミが入ったとしたら、それはもう相手に何かが伝わった証拠でもある。相手が取りこぼした自分と、相手が勘違いしている自分を拾い集めながら、相手に、応えればいい。

それが自分を語ることで自分を語ることだと思ってる。

 

ツッコミを入れてくれる人が近くにいない人は、えーっと、あの。

 

で、マジでどうするのか?

では自分を語っても、聞く相手もいない人間(即ち僕だ)はどうするのか?どこからツッコミを待つのか?

僕はとりあえず僕はブログを始めた。

 

今までに書いてきた記事は、感情や人格が伝わりにくい文体とテーマを選んで書いてきた。

ブックレビューやラーメン屋、音楽にポケモン、など、

僕がいてもいなくても世の中には変わらず存在しているものばかりだ。

それらに少しばかり価値をつけることすらできなかった。

この無意味さも意味があったかもしれない。

そろそろ少しだけ自分語りしてもバチが当たらないだろう。

好き嫌いの話になるかもしれないし、ワリバシが上手に割れないことについての話になるかもしれない。

しかしいずれにせよ、自分語りの試みを今月から少しずつ始めたい。

 改めて宣言しないと書けなくなっちゃいそうだから。

いいかげんにまとめ

予期せぬPV数こそ達成したものの、

こんなまぐれを引きずらず、自分が本当に書きたいもの、面白いと思うものに合わせて、気まぐれに何のノウハウも運営方針も立てずに頑張っていきたいと思います。

 

改めて、たくさんのブログアクセスと ありがもうございました。

これからは音楽と大阪近郊ラーメンと小説と思ったことを伝えられる一人前の人間を目指して、過去の自分を圧倒し成長していきます。

最後に、タイトルで釣られたみなさん、ご愁傷さまでした。

はてなブログ Perfect GuideBook

はてなブログ Perfect GuideBook

 

 
そんな気持ちで予測する8月のアクセス数は、
多分3000PVくらい。