読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そりゃまあ僕も

20代会社員、男。音楽、カメラ、時事ネタなどの雑記日記です

とてもつらい

音楽と小説とカメラが好きな人の日記です。主なカテゴリ↓

ポルノの東京ランドスケープを弾いた。

 

 東京ランドスケープ/ポルノグラフィティ
 
5thアルバムのTHUMPxから。
昭仁さん作詞作曲で、静と動のバランスが絶妙な曲を弾いた。
ギターソロだけなのは、打ち込みがめんどくさいからです。
ドラムは打ち込み、ベースはギターのオクターブ下げ。
ギターはレスポールとマーシャルのシミュレーター。
原曲のバッキングは別のギター機材のような気もするが、この時期のポルノを弾くならやっぱりレスポールで押し通したかった。
改めて晴一さんの音を作ろうとすると、なあなかなかあの枯れた飽和感が出せない。
やっぱりいい機材使ってるんだよなあ。
フレーズもびみょーーーーに取りにくい。リズム感の無さがばれてしまう。
 
 
この曲は重ねてる楽器が少ないのに、
原曲のアナログ感のせいで各パートがとにかく聞き取りにくい。
「THUMPx」版のマスタリングではシンバルが割れまくっていて挫折しかけていたところ、
試しにクソベスト盤の音源を買ってみたらこれが全然違う。
スッキリしていてとても聞きやすかった。
普段、マスタリングの違いなんて意識していなかったのでこれは面白かったなあ。
音質は悪いけど、収録曲はTHUMPxの方が数千倍良いので、初めてこの曲を聴くならベスト盤を無視してTHUMPxを手にとったほうがいい。
THUMPxのハイレゾリマスター版はまだか。
 
動画は一眼レフにてとる。
f:id:tonkotutarou:20160606084812j:image
写真はボツのもの。
動画に関しては単焦点レンズでマニュアルで合わせたほうが後ろが綺麗にボケてよい。
 
 
これからもチマチマと打ち込みしてアップロードしていきたい。
とりあえずロマンチスト・エゴイストから全部弾きたい。
ただ、本間さんの曲は打ち込みがめんどくさいから、願望だけになりそう。 
THUMPχ

THUMPχ

  • アーティスト: ポルノグラフィティ,新藤晴一,岡野昭仁
  • 出版社/メーカー: ソニーミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2005/04/20
  • メディア: CD
  • クリック: 31回