読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そりゃまあ僕も

20代会社員、男。音楽、カメラ、時事ネタなどの雑記日記です

とてもつらい

音楽や小説が好きな人が書いてます。主なカテゴリ↓

やめないギターの始めかた 3つのポイントで考えてみる

ギター 音楽 音楽-ギター
  1. ギターは見た目がすべて
  2. 初心者セットを買わない
  3. ギターはペット、練習は懐いてから
 
(エレキギターを念頭にしてるよ)

・初めに

 
エレキギターという趣味を最大限に手を抜いて、
意識が低いまま、だらだらと続ける。
そのために3つのポイントを提案する。
 
最初に念押ししたいことだけど、「ギターが上手くなる始め方」じゃない。
ギターを生活の一部にする
平日の夜や予定の無い休日に何気なくギターを手に取る人生を送るためのポイント。

1.ギターは見た目がすべて

だって弾き心地や、音の良さや、メンテナンス性なんて、どうせ初めてだと分からないもん。
だからせめて見た目で好きになろう。
 
 
あなたがギターに興味を持ったら、まずこのサイトを見て欲しい。
 
デジマートは楽器好き向けの楽天みたいなものである。
ここで、あなたがコレだ!と思うルックスのギターを探して欲しい。
予算は無視して、理想のギターを探そう。
例えば、憧れのギタリストのギターを調べたり、色で調べたり、なんでもいい。
とにかく見た目で好きになれそうなギターを探す。
ある程度好みが分かってきたら、今度は予算に合わせて似た形や色を探す。
これから一緒にやっていく仲間だから、まず見た目で好きになろう。

2.初心者セットは買わない

アンプやケーブル、チューナーが初心者セットになってるかもしれない。
粗悪品の寄せ集め押し付けなので買ってはいけない。
初心者ギターは良い。でも、初心者セットは買ってはいけない。
だいいち、自宅でアンプなんてそうそう鳴らせない。
 
じゃあギターに加えて何を買えば良いのか。
アンプ意外で音が鳴らせるオモチャを買ってみる。
即ち、ヘッドホンが繋げて、色んな音が出て飽きない機材
がポイントになってくる。
僕がオススメしたいのは、ZOOM社のG3という機器
一般にマルチエフェクターと呼ばれる。
ギターとアンプの間に接続して、デジタルで様々なサウンドをシミュレートできる。
この機器はアンプ無しで、自宅で手軽に使うことができる。
そして初心者セットのアンプよりずっと面白い。
 
ヘッドホンを繋げられるチューナーが内蔵されてる、など実用面はもちろん、あらかじめ作られた音がインストールされている。
初めのうちは、変な音を鳴らすだけでも楽しめるんじゃないかな。
 
オモチャだけど、その気になれば5年くらいはこれひとつでやっていける機器でもある。PCにも繋げられる。
中古が多く出回ってるので、8000〜10000円くらいで狙ってみよう。
 
好きなギター+G3+ケーブルを買えばオーケー!と覚えておこう。
最近は、ヘッドホンが繋げられたりマルチエフェクトが内蔵されたアンプや、iphoneをシミュレーターにできる機器もある。
この辺のジャンルは面白いので、知識の整理がてら調べてみたいところでもある。

3.ギターはペット、練習は懐いてから

 まずはギターを触ることに慣れてみよう。
テレビを見るとき膝の上に置いてもいいし、
ひたすらカッコいいポーズで自撮りしてもいい。
G3につないで、片っ端からプリセットの音を鳴らしてもいい。
 
和音の押さえ方や正しい構え方を焦って覚える必要は無い。楽譜を見る必要もない。
練習は要らない。まあまずは、あなたなりのギターの楽しみ方を見つけたらいい。
最低限チューニングくらいは覚えたほうがいいかも知れない。
楽器好きのAmazonことサウンドハウスの初心者講座がよくまとまっていると思う。
 
 
もし、興味が出てきたら簡単な初心者向け教則本を始めてみよう。
 

・まとめ  

 
初心者ギターを押し付けるように買わされて、
練習を強いられて挫折する人が多い気がする。
もったいないと思ってたので、
僕はそれ以前の問題について書いた。
 
不安を煽ったり、練習方法や精神論を押し付ける上達論はとりあえず無視しよう。
自分なりにギターを楽しめばいいのだ。
 
具体的な練習方法は、僕には提案できないので、他で調べてみよう。
というか誰か練習方法を教えて欲しい、ほんと。
 
DVD&CDでよくわかる! はじめてのエレキ・ギター (DVD、CD付き) (ギター・マガジン)

DVD&CDでよくわかる! はじめてのエレキ・ギター (DVD、CD付き) (ギター・マガジン)

  • 作者: 成瀬正樹
  • 出版社/メーカー: リットーミュージック
  • 発売日: 2011/03/18
  • メディア: ムック
  • 購入: 1人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログを見る