そりゃまあ僕も

20代会社員、男。音楽、カメラ、時事ネタなどの雑記日記です

とてもつらい

音楽と小説とカメラが好きな人の日記です。主なカテゴリ↓

10代で『ライ麦畑でつかまえて』を読まない人を信用できない

特別お題「青春の一冊」 with P+D MAGAZINE

 

ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)

 

10代で『ライ麦畑でつかまえて』を読んだかどうかで、人の成り立ちは大きく変わる。

目の数や口の数すら共通点にならないくらい、ホモサピエンスと呼べなくなるくらい差異が出る。

 

 

青と白の表紙、ふざけたようなピカソの絵、

それを開くと1人の少年、ホールデンコールフィールドの独白が始まる。

彼が通う高校のクソッタレさと、そこから脱出したあとの世界のインチキさについてだ。

いささか古臭い言葉遣いと、彼が見たアメリカの大都会のインチキさに、15歳の僕はすっかりノックアウトされてしまった。

 

J.D.サリンジャー原作、野崎孝訳の『ライ麦畑でつかまえて』はこの世で最も青春くさい小説のひとつと言って過言ではない。

この本に関して言えば、村上春樹訳はオススメしない。装丁もクールだし翻訳もアップデートされているが、野崎孝が訳すホールデンの言葉の無骨さには敵わない。

村上春樹のホールデンは若干、「大人」であるのに対して、野崎孝訳はまさに青春だ。

僕が野崎孝訳から入ったせいかもしれない。

 

 

この本は10代で読まなくちゃいけない。できれば、15歳がいい。

それより遅いと、ホールデンが裕福な子供に見えてしまう。

具体的な内容を話すことはできない。しかし彼は10代の少年を救うために、今も本の中にいる。

彼は、クソッタレでインチキなこの世界から、僕たちを守る存在だ。

そして、読者が望めば、少しだけ僕らの心に住み着いてくれる。彼は家賃を払う代わりに、僕らにイノセントと大人のインチキについて、教えてくれる。

維持費は特にない。時々『ライ麦畑でつかまえて』を読めばいい。

 

彼の語るインチキが、子供のワガママに見えたとき、それは僕たちが大人になったことを意味する。

僕の周りにも何人かそんな奴がいる。

彼らは崖の上から落ちたのだ。

そして僕は、その姿をホールデンと一緒に眺めていた。

これが正しいことだったかどうか、僕にはわからない。

そんなときに、僕は『ライ麦畑でつかまえて』を読み直す。

年齢を重ねる僕に対して、ホールデンはどこまでも変わらない。

それなのに、読むたびに彼の見え方が変わる。彼の変わり方で、僕の変わり方がわかる。

ホールデンは、僕にとってのメートル原器のようなものだ。

 

 

 

 

経験から言って、『ライ麦畑でつかまえて』を10代で読まなかった人とは、あまり仲良くできない。

そして、10代でこの本のフォロワーになった人は、クセが強くて仲良くなれない。

いっそ崖から転落死してたらともかく、そんな奴に限ってこちら側に残っている。同族嫌悪だ。

 

結局のところ、僕たちは自身の力で世界に立ち向かわねばならないし、そのとき土台になる一冊が『ライ麦畑でつかまえて』だと思う。

もし、大学時代にフットボールをやってる奴がバーに入るたびに憎悪したり、身近な奴にクリップを投げつけるような人間を、

『ライ麦畑でつかまえて』が土台の人間と呼ぶのなら、

僕がまさにそうだ。

 

 

 

っていうかamamonのリンク、ピカソの絵、無くねぇ!?


http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/pdmagazine