読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そりゃまあ僕も

20代会社員、男。音楽、カメラ、時事ネタなどの雑記日記です

とてもつらい

音楽や小説が好きな人が書いてます。主なカテゴリ↓

声優の田村ゆかりさんの文章が良すぎてびっくりした

http://tamurayukari-diary.com/?eid=2711

 

田村ゆかりさんの今回の騒動の経緯を僕は知らない。

「支えてくれている皆さん」に僕は該当しない。野次馬だ。

 

そんな一匹の野次馬が読んだこの文章、とても良い。美しい文章だと思う。びっくりした。

文章が上手い。上手すぎませんか?

 

感謝の気持ちをみずみずしくまっすぐに書くことはなかなか難しい。

仮に思ったように書けたとしても、実際に読み手に伝わる文章になるとは限らない。 

 

この田村さんの文章は、野次馬が読んでも書き手の気持ちが伝わってくる。

でも、ただまっすぐに書いているわけじゃない。

感情を解きほぐさず、ごちゃごちゃとした塊として書かれた文章だ。

「支えてくれる皆さん」と、田村さんの間の信頼関係があってこその伝え方だろう。

感謝の気持ちだけを伝えるまっすぐさではない。田村ゆかりさんそのものを届けるまっすぐさがある。

野次馬はそう感じた。

 

そういう根底があるにしても、文章が上手い。 

随所に描写された具体例がとてもいい。

特にラジオのハガキのくだりなんか、リスナーさんからしたらたまらないでしょう。

これ単体だとリップサービスに見えるけど、スタッフさんへの感謝でも惜しみなくエピソードが盛り込まれている。

だからこそ、ひとつひとつのエピソードや「ありがとう」にグッと説得力が出てくる。

 

 

野次馬なのに、なんだかとても凄いものを読んでしまったなあ。

思わず感想を書いてしまった。書いてみると、中々伝わる文章にならないと痛感した。

田村さんはすごい。そして、その原動力になった、田村ゆかりさんと「支えてくれる皆さん」の関係もすごい。 

 

野次馬だけど、田村ゆかりさんと「支えてくれる皆さん」のこれからの音楽経験が素晴らしいものになることを心から祈っています。

 

 

 

 

そういえば、途中にある「40の節目」という言葉。どういう意味だろう?