そりゃまあ僕も

20代会社員、男。音楽、カメラ、時事ネタなどの雑記日記です

とてもつらい

音楽と小説とカメラが好きな人の日記です。主なカテゴリ↓

雑記-お出かけ

化物作家の正体に触れる。西尾維新大辞展はまさに「大辞典」だった【ネタバレあり】

8月21日まで心斎橋の大丸で開催されている西尾維新大辞展に行ってきた。読んで字のごとく、作家・西尾維新の歩みとその作品の世界観を堪能するための展覧会である。100冊以上の作品とそのメディアミックス作品の解説はもちろん、西尾維新自身のパーソナルな…

E-M1 MarkⅡと一緒に千里川の飛行機撮影にリベンジする

7月に返り討ちにされた飛行機絶景スポット・千里川に再びカメラを持ってアタックを仕掛けてきた。今回は前回の反省を活かして、新しいレンズと立ち位置、設定を工夫しながら撮ってみる。 前回の記事→ 前回の反省点としては 飛行機単体だと近さ故の迫力を出せ…

兵庫・武田尾廃線跡をカメラと一緒に散歩する

廃墟っぽいところで写真が撮りたくて西宮の武田尾廃線跡に行ってきた。 武田尾廃線跡は結構前から有名なハイキングコースで、僕も10年くらい前に家族で来たことがある。長年穴場スポット的な扱いだったみたいなんだけど、昨年大規模に整備されたらしい。柵や…

たーのしー!神戸どうぶつ王国でサーバルちゃんに会ってきた

けものフレンズに出てくるサーバルキャットが見たくて、神戸どうぶつ王国まで行ってきた。初めて行ったんだけど、なんかまさに「リアルけものフレンズ」って感じでとても楽しい。さすが、一度潰れてるだけある ジャパリパークは神戸にあった。 けものフレン…

シン・ゴジラ 本編を3回観たのでそろそろ感想を語る

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラの延期がきまった。価格にビビって購入に足踏みしていた僕のような人間に対して、検討時間をさらに与えてくれるわけである。感謝しかない。ありがとう、庵野秀明監督。 ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ 作者: カラー、東宝,庵…

大阪・京橋の猫カフェ「マンチカン」でカメラの練習をする。

カメラの練習がしたくて、大阪の京橋にある保護猫カフェ「マンチカン」に行ってきた。 気ままで愛らしい13匹の猫が暮らしている素敵な猫カフェだった。ジャージで猫と一緒に横になりたくなるような居心地の良さだった。マジで。 猫カフェ マンチカン 京橋店(…

ポケモンGO 大阪の聖地 天保山が色々と無法地帯だった

兼ねてより噂を聞いていた大阪のポケモンの巣、聖地の天保山公園周辺に行ってきた。 リリースから1か月で様々なポケモンの巣が無くなっている。ピカチュウ不在で放棄された扇町公園、コダックに占拠されてインパクトダウンした大阪城、ミニリュウの消えた八…

大阪・京橋 ローストビーフ丼「CAMEL DINER」に行ってきた。

京橋にオープンした新店でローストビーフ丼を食べてきた。 ここ数年で流行り始めたローストビーフ丼。ずっと気になっていたものの、どこのお店も凄く混んでいて食べる機会に恵まれなかった。 だから今回が初ローストビーフ丼である。 僕が行ったのはキャメル…

「シン・ゴジラ」をLINEスタンプで再現ネタバレする

シン・ゴジラを見てきました。 とにかくトチ狂った映画だった。あれを実写でやるのか。凄かった。圧倒的だった。 そこでポプテピピックのスタンプでストーリーを解説してみます。 この記事はシン・ゴジラのネタバレが含まれます。ネタバレを含んでますが、多…

京都 八坂神社前のカフェ「金の百合亭」で冷やしぜんざいを食べる。

先週、京都に行ったときに、おしゃれで美味しくて爽やかなカフェを見つけた。「金の百合亭」というお店。 丸山公園でミニリュウを乱獲して疲れ果てたあと、疲れが吹き飛ぶくらい美味しい冷やしぜんざいをいただいた。 (収拾がつかないくらい文字だらけなの…

大阪のフライドポテト専門店 AND THE FRIETに行きました

心斎橋・南堀江で期間限定営業のフレンチフライ専門店に行った。 モチモチとサクサクの食べたことない食感、オシャレな店内、 ハンバーガーの片手間にポテトを売ってるお店とはレベルが全然違った。 店の場所 メニュー 店内の雰囲気 ポテトの味 広告 // 店の…

#ポケモン研究所 @グランフロント大阪 に行ってきました

グランフロント大阪で開催されている、 ポケモン研究所というアトラクションに行ってきました。大人1人で。 どんなイベントか アトラクションの様子 グッズがすごい 感想 広告 // 関連記事: ポケモンGOを早速プレイ。持っててよかった周辺機器と欲しいものま…

安西水丸展を見にいった

街中でふとこんなポスターを見つけてしまった。 http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_1607.html 安西水丸さんの個展が京都である。 そう、村上春樹の装丁や挿絵を手がけていた作家さんである。 こういう作品(Amazonからパッと引っ張ってこれる…