そりゃまあ僕も

20代会社員、男。音楽、カメラ、時事ネタなどの雑記日記です

とてもつらい

音楽と小説とカメラが好きな人の日記です。主なカテゴリ↓

読書

兵庫・武田尾廃線跡をカメラと一緒に散歩する

廃墟っぽいところで写真が撮りたくて西宮の武田尾廃線跡に行ってきた。 武田尾廃線跡は結構前から有名なハイキングコースで、僕も10年くらい前に家族で来たことがある。長年穴場スポット的な扱いだったみたいなんだけど、昨年大規模に整備されたらしい。柵や…

『一人交換日記』永田カビ 自分のものさしを育てる話

『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』の永田カビさんの最新作、『一人交換日記』を読んだ。話題になった前作の単行本の前後があり、永田さんの周囲の変化や、環境の変化について思ったことを「一人交換日記」として描いた作品。レズ風俗レポ同様、漠然…

クリスマスに紙飛行機の本を買ってもらった話

小学生の頃の話になる。サンタさんから全く想定外のプレザントをもらって嬉しかった話です。 もし僕のブログを読む人がいるなら、子供への些細なクリスマスプレゼントに是非参考にしてください。 今でこそ夢も希望も無く現実を直視できない捻くれ者の権化の…

「初めて村上春樹を読むならば、どれが良いか?」問題への答え

村上春樹のおすすめは?と聞かれて、頭を抱えてしまう村上主義者は多い。 村上春樹の作品は発表の時期によって文体が異なってるし、一部の短編やエッセイを除けば、おおよそ露骨に好き嫌いが別れる作品がほとんどだからだ。少なくとも、僕のこの語り口が合わ…

アドラー心理学の第一人者、岸見一郎さんの講演会に行った。

『嫌われる勇気』などの著者、岸見一郎さんの講演会に行ってきた。もはや説明が不要な大ベストセラーだ。 アドラーについて、そして『嫌われる勇気』について。著書だけでは伝わってこない「人生の幸せ」と岸見一郎さんのお人柄がにじみ出た、1時間半があっ…

Amazonで読み放題のギター・DTMの教則本からオススメ10選!Kindle Unlimited最高!

教則本って、1冊2000円弱でついつい買い渋ることが多い。中高生のとき街の楽器屋で何時間も粘りに粘って選んだ経験がある人や、今まさにそうやってる人も多いんじゃないだろうか。 そんな僕たちの音楽生活の救世主が、Amazonがブチかましてきた Kindle Unli…

amazonの読み放題がバンドマン向けすぎる。楽器・DTMやるなら絶対加入すべき!

amazonの読み放題サービス「kindle unlimited」に早速登録した。 いや、これ楽器やってる人、バンドマン、DTMerは絶対登録するべき。1ヶ月は無料だ。 やべえよ。リットーミュージックの音楽書・教則本が読み放題だよ。 (2016年9月追記:ラインナップが変更さ…

最近読んだkindle本 小説 4冊と感想

ここのところ読書ペースが落ちてきてる。 (それと同時にブログに文章を考えるのが面倒になってる。 最近買った本、読んだ本の感想も書き留めないとどんどん忘れそうなので、備忘録程度に。 全部面白かったですよ、ほんと。 スローターハウス5 スローターハウ…

【感想】化物語(上)の言葉遊びをkindleで楽しむ

西尾維新を初めて読んだ。 想像していたよりもずっと独特の言葉遊びと、分かっていても引き込まれるストーリーで一気に読んでしまった。悔しい。 化物語(上) <物語> (講談社BOX) 作者: 西尾維新 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/07/01 メディア: …

サンタクロースをいつまで信じていたか

なんて、他愛もない世間話にもならないくらいのどうでもいい話だが、 それでも、毎年7月7日、全国一斉七夕デーになると色々と思い出すこともある。 涼宮ハルヒの憂鬱のことだ。 涼宮ハルヒの憂鬱という作品において、7月7日は大切な意味を持った日付になって…

僕が電子書籍を選び、紙の本を憎む理由

先日、久しぶりに文庫本を買った。 村上ラヂオ3: サラダ好きのライオン (新潮文庫) う村上春樹の雑誌連載をまとめた単行本が、文庫化されたもの。1話完結の短いくだらないエッセイが収められていて、 彼のことを全然知らない人が読んでも良い暇つぶしになる…

僕の人生を360度変えた本を8冊選んだ

僕の人生に影響を与えた本を羅列する。 タイトルに明言した通り、これらの本は僕を大きく変えた。360度も変えた。 読んでるあいだ、頭の中でぐるぐると思いがめぐり、物語の中で様々なものをくぐり抜け、 読了後には、いささかぐったりとした気持ちで前と同…

『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』を読んだ

人を選ぶ漫画だが、「さびしすぎて」という言葉が少しでもひっかかった人には手放しでオススメできる。 レズ風俗のレポではなく、 人の暖かさを通じて自身の生きづらさを見つめなおすエッセイ漫画。あまりにも赤裸々に綴られた半生と生きづらさはなんだか、…

不登校も自殺もできない人に押し付けたいオススメの音楽・小説

先日こんな増田さんの記事を読んだ。 増田さんは女子高生。 いじめられているわけでもなく、友人もいるが、クラスの中でのカーストでは最底辺にいるらしい。 文化祭を始めとした高校生らしいキラキラしたイベントと、その中からどうも疎外感を感じる自分、 …

グヘヘ!村上春樹の鼠三部作が電子書籍化!分からない人にも紹介するよ!

村上作品が!!!!!鼠三部作が!!!!! 電子書籍!ヤッタ!グヘヘへへ! 最高!本で持ってるけど買っちゃう!!!! 持ち歩く文庫本が減る!ヒャッホー、 という僕のようなジャンキー系村上主義者意外にも、魅力が伝わるように、 1つずつ簡単にネタバレ…

デザイン系の本を買い漁った

最近はaviutlで動画を作ろうと躍起になっている。 モーショングラフィック的な動画をパパッとつくろうとしてみたが、ソフトは扱いにくいわ、映像表現は分からないわ…… そもそも論として、僕は文字や絵の配置法について完全に無関心であることを自覚した。 そ…

「話が通じない理由」の本をなぜ読了できないか

あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫) 作者: 山田ズーニー 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2006/12 メディア: 文庫 購入: 50人 クリック: 240回 この商品を含むブログ (123件) を見る kindleセールで素晴らしい本に出会ってしまった。 すでに…

村上春樹のシーザーズサラダと大阪府大の植物工場

村上ラヂオ2を読み返してる。 ananに連載していたということで、箸にも棒にもかからないくだらないエッセイがギュッと詰まった良い本だ。 村上春樹を知らない人でも気軽に読めるはず。 その中に、シーザーズサラダについての章がある。 まず、何よりも、この…

英語で読む村上春樹4月号、で小説を学ぶこと

前にもどこかで触れたように、この2016年の4月号は本当に素晴らしい村上春樹入門だと思う。 ラジオを聞く必要は全くないので、ぜひテキストだけでも読むことをおすすめします。 NHKラジオ 英語で読む村上春樹 世界のなかの日本文学 2016年 4月号 [雑誌]…

『よいこの君主論』愚民を操る術を学ぼう

よいこの君主論 (ちくま文庫) 作者: 架神恭介,辰巳一世 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2014/06/06 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る どんな本だったか語る前に、あとがきを引用する 架神恭介 、辰巳一世が 、このような形で君主論の解説…

『ロング・グッドバイ』さよならを言わせずもう一度読み直したい

ロング・グッドバイ フィリップ・マーロウ (ハヤカワ・ミステリ文庫) 作者: レイモンドチャンドラー 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2016/01/29 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 村上春樹の翻訳版、レイモンドチャンドラー原作のロング・…

『自省録』ローマ皇帝のtwitterに啓発されよう

善い人間のあり方如何について論ずるのはもういい加減で切り上げて善い人間になったらどうだ マルクス・アウレーリウス 自省録 (岩波文庫) 作者: 神谷美恵子 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2014/12/18 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) …

僕が読了していないkindleのオススメ本6冊

どうして電子書籍はこんなに魅力的なのだろう? いま僕がkindleに詰んでる本の中で、読む気力が比較的残っている本を羅列する。 amazon商品レビューのリンクを貼りまくりたいだけでもある。 商品紹介のウィンドウから、本文に貼り付ける動作って楽しくない?…