そりゃまあ僕も

20代会社員、男。音楽、カメラ、時事ネタなどの雑記日記です

とてもつらい

音楽と小説とカメラが好きな人の日記です。主なカテゴリ↓

京都・ELEPHANT FACTORY COFFEE、路地を抜けて象工場に行ってみる

象工場と言えば、ご存じ村上春樹作品によく出てくる謎ワードである。
そんな象工場の名を冠したカフェが京都の河原町にある。
それがELEPHANT FACTORY COFFEEである。

https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26005522/

・・・たぶん、村上春樹の象工場から取ったのだと思う。
象工場についてはこちらのブログが異常に詳しい

よって、僕はとりあえずカフェに行った感想を書こうと思う。

どうやらこちらのカフェ、村上春樹ファンのみならず京都のカフェおたくの間でも有名なカフェみたいである。
それもそのはず。いかにも隠れ家的な立地で、言うまでもなくおしゃれ。もはや当たり前のようにコーヒーもとっても美味しかった。


マジで隠れ家である

ELEPHANT FACTORY COFFEEは京都の木屋町通りからふらっと一本入ったところ

京都府京都市中京区蛸薬師通木屋町西入ル備前島町309-4 HKビル 2F
こちらの住所にある

・・・

f:id:tonkotutarou:20170610214153j:plain

・・・から、さらに一本入ったところにある。

f:id:tonkotutarou:20170610214211j:plain

・・・本当にこんなところにあるのだろうか
しかし、google mapを信じてこの路地を進むと、そこに象工場がある

f:id:tonkotutarou:20170610214612j:plain

f:id:tonkotutarou:20170610214502j:plain

まぎれもない。ELEPHANT FACTORY COFFEE。すごい。本当にあった。
営業時間は13時~1時。日付が変わるまでやっているらしい。
僕が行ったのはちょうど13時。もちろん一番客である。

おしゃれな店内

f:id:tonkotutarou:20170610215016j:plain

おお・・・おしゃれだ。
店主さんは「若いカフェのマスター」と聞いて我々の脳裏によぎるそのものの見た目をされている。
もうこの時点でコーヒーが不味いはずがないではないか。
しかし、一番に入ってきて、且つ店主さんと二人きりということもあって、恥ずかしくて店内の写真はあまり撮れなかった。

f:id:tonkotutarou:20170610215350j:plain

少しわかりにくいんだけど、店内のいたるところに本が積んである。

f:id:tonkotutarou:20170610215707j:plain
ふらっと手にとって、自分の手元の一冊と交換して帰りたくなるような、そんな感じの雰囲気だ。

f:id:tonkotutarou:20170610215358j:plain

牡鹿の頭骨!頭骨といったら『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』!
いいなあ。僕もほしいんだよなあ。鹿の骨。

本に合うコーヒー

コーヒーは何種類かあって、迷った結果ホットのブレンドコーヒーにした。
今日はとても暑い日だったのでアイスコーヒーを頼むか迷ったのだが、せっかくコーヒーのお店に来たのだからなんとなくもったいない気がしたのだ。


コーヒーはどれも店主さんが選りすぐった豆を使っていて、ハンドドリップで一杯ずつ店主さんが難しい顔をして作ってくれる。
窓からドアにかけて吹き抜ける涼しい風が店内の空気をかき乱して、コーヒー豆の香りが漂ってくる。
少し気恥ずかしくって、あまりカウンターのほうを見れなかった。

f:id:tonkotutarou:20170610221237j:plain


僕はコーヒーに明るいほうではないが、飲み干すのが惜しくなるくらいしっかりとした味のコーヒーだった。とてもおいしい。
苦味っていうのはちゃんと「味」であって、濃淡や深みがあり、それ単体を楽しむに値するものなのだ、と教えてくれる。
そんな感じがした。

f:id:tonkotutarou:20170610215949j:plain

カップにはちゃんとお店のロゴが入っている。

飲み干すのが惜しくって、つい鞄からタブレットを取り出し(本当は古びた文庫本が良いのだろうけど・・・)、電子書籍を読みつつ、じっくりと味わった。
冷めてもちゃんと美味しい。ちなみに読んだのはもちろん村上おじさんである。象工場・・・ではなく、『1973年のピンボール』

 

1973年のピンボール (講談社文庫)

1973年のピンボール (講談社文庫)

 

 

初期三部作の中では一番とっつきにくいので、僕はどちらかと言えば避けてた作品。読み返すのは何度目かなあ。

読みだして間もなくして、カップルが2組ほど来店してくる。
隠れ家といえども、やはり有名なカフェらしい。
そのあとから常連さんっぽいマダムも来店してこられて店主さんと談笑をしていた。
みんな、カフェの雰囲気に合わせて囁き声でおしゃべりをしていた。

f:id:tonkotutarou:20170610221257j:plain

 

f:id:tonkotutarou:20170610221437j:plain

お店を出て、元来た路地を引き返していると、4人くらいの女の子の団体がこちらを指さして歩いてきた。
「やっぱりここだった!あそこに象工場って書いてある!」

隠れ家だと思ってたのは僕だけで、やっぱりいろんな人に愛されてるカフェなんだなあ、としみじみと思う。

 

営業時間が1時までということもあるので、今度はぜひとも夜に来てみたい。
終電を逃すくらいの時間に、一人でふらっと入るのがいいんだろうなあ。
次は象工場で何を読もうか。今日一日を振り返りながら、ついそんなことを考えてしまう。

 

神戸どうぶつ王国でハシビロコウと和解せよ

神戸どうぶつ王国でハシビロコウを撮ってきた。
いや、ハシビロコウを撮りに行ってきたわけではない。現にハシビロコウ以外もたくさん撮ってきている。

たとえば、石で遊ぶカワウソとか

 

f:id:tonkotutarou:20170608235326j:plain


ただ、番組の都合上、ハシビロコウオンリーでお送りします。
そう、神戸どうぶつ王国はハシビロコウ王国である。ハシビロコウと和解しよう。

f:id:tonkotutarou:20170608235352j:plain

こちらがハシビロコウである。
本当に、本当に、美しい。
神戸どうぶつ王国に行って、これほど僕がハシビロコウにハマったのも、すべてオリンパスのOM-D E-M1 MarkⅡのおかげだと思う。

決してステマじゃなくって、ハシビロコウの突然動く予測できない動きと、適度に追尾するE-M1 MarkのAF、連写性能がベストマッチなのである。

f:id:tonkotutarou:20170608235751j:plain

ハシビロコウといえばとにかく動かない。
けものフレンズやwikipediaにもあるとおり、動かない鳥として知られている。
ところが、実際に対峙してみると、これが案外好き勝手に動き回る鳥であることがわかる。
決して動きが大きいわけではない。ただ、予測できないのだ。

f:id:tonkotutarou:20170609000420j:plain

そして神戸どうぶつ王国はそんな予測のつかないハシビロコウが3匹いる。
しかもほとんど手を伸ばせば届く距離にいる(手を伸ばすと飼育員さんに怒られる)
だから、こんなアップの写真も撮り放題である。
上の写真を見ればわかるように、ハシビロコウは決して無口な鳥ではない。
非常に気まぐれであるにせよ、ちゃんとカメラ目線もくれる。しかも、その瞬間は時にこちらが戦慄するほど美しい。

f:id:tonkotutarou:20170609000321j:plain

戦慄・・・いや、怖えよ!
しかし、怖いのは本当に風評被害、ほんの一瞬。
大半の時間は、本当に、本当にユーモラスだ。

f:id:tonkotutarou:20170609000459j:plain

そのゆったりとした動き、大きな嘴のおかげで、ほんの少しの動作がとても大きな表情に見える。
この大あくび。動かないのも、きっと退屈に違いない。

f:id:tonkotutarou:20170609000659j:plain

退屈なのか、こうやってよく無意味に枝を引っ張ったりする。
バサバサと翼を広げて、盛大に引っ張るのだけど、なかなかちぎれなかったりする。
その動作がとてもアホっぽくてかわいい。

f:id:tonkotutarou:20170609000819j:plain

そのあと、しばしばまた動作が止まったと思ったら、このように唐突にバサバサとダンスを始める。
これが本当に予測できない。
ハシビロコウの動きには、何度か予測できないロード時間のようなものがある。
Now loading...の表記が出て、(実際には出ないが)80%くらい読み込んだあとに突然動き始める。
おかげで、シャッターチャンスを何度も逃してしまう。ファインダーから目を離した瞬間に動きはじめるだもんな...

f:id:tonkotutarou:20170609001031j:plain

しかし、そんな一瞬もE-M1 MarkⅡのおかげで何とか追いかけることができる。
何しろメカシャッターでも15コマである。しかも神戸どうぶつ王国は全天候型且つハシビロコウは半屋外展示である。
これはもうシャッタースピードと連写速度的には撮れないほうがおかしい(結構撮り逃しているんだが。おかしいな・・・)

f:id:tonkotutarou:20170609001244j:plain

あとはもういかに構図を作るかだけなので、本当に些細な問題である。
強いてあげれば、連写中のぷるぷると震えるカメラを使っていかに構図を作るかだけなので、やはり使い手の問題かもしれない。
それでも、これだけカッコよく撮れる。
ブログに上げない没ショットでも結構かっこいい。場所があれば自慢したいくらい。

f:id:tonkotutarou:20170609001443j:plain
もちろんこれは、ハシビロコウっていう最高の被写体がいるから。
他の野鳥だと小さすぎて、狙いにくいんだけど、ハシビロコウの場合は1.3mほどの大きさもあって本当に撮りやすい。
しかも、どこを切り取っても素晴らしく美しい。

f:id:tonkotutarou:20170609001628j:plain

神戸どうぶつ王国のハシビロコウは全員名前がついていて、それぞれにファンもいるらしい。
instagramなんかでは名前のハッシュタグがあって、いろんな人が写真を上げている。
その気持ちもなんとなくわかるくらい、とても愛らしい鳥だ。
ちょっと年パスが欲しくなる。これで立地がもう少し良ければなあ・・・

おまけにムナジロカラスくんを加える。

f:id:tonkotutarou:20170609001807j:plain

絶妙に枝を咥えているんだけど、実はこのカラス、めちゃくちゃ人慣れをしている。
自慢気に枝を咥えてきたり、人工芝のパーツを見せびらかしてきたりする。
ひいき目に見ても、お客さんに見せびらかす動きをする。
そうそう。こういういろんな表情が見れるところが、神戸どうぶつ王国のいいところだと思う。

カメラさえあれば、一日つぶせる動物園なので、近畿圏のカメラ初心者は絶対行くべきだと思う。
ほんとうに楽しいですよ。