そりゃまあ僕も

20代会社員、男。音楽、カメラ、時事ネタなどの雑記日記です

とてもつらい

音楽と小説とカメラが好きな人の日記です。主なカテゴリ↓

ニコン Df用の標準ズームとしてTAMRON 28-75mm F2.8 A09IIを買った

ニコンのDfに使用する標準ズームとして、TAMRONのSP AF 28-75mm F2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACROを導入した。

F2.8通しのレンズなのに軽くて、値段が手頃で、しかも望遠側ではそこそこ寄れるという万能な一本。
発売から10年以上経っているけれど、十分に実用的なレンズだ。

とはいえ、ニコンFマウントでこの望遠域のレンズには、かなりのバリエーションがある。
この一本に絞り込むまでずいぶん悩んだ。

今回はニコンDfの標準ズームとしてTAMRONのSP AF 28-75mm F2.8 A09 IIを選んだ理由などをつらつらと語っていきたい。

 

TAMRON SP AF 28-75mm F2.8 A09N IIのスペック

最初にザクッっとTAMRON 28-75mm F2.8 A09Nのスペックを紹介する。

ニコンDfのスペック表

スペック表

(参考:TAMRON|A09スペック)

28-75mmというやや望遠よりの標準的な焦点距離、F2.8通しの明るさが特徴。
それでいて全長は92mmだし、重さは510gということで、とにかく取り回しがいい。
まさに普段使い向けのスペックだと思う。最短撮影距離も33㎝だから、料理を撮ったりするのにもうってつけ。

しかも、とにかく値段が安い。

 価格.comの最安値は24,000円である(2018/05/28現在)


僕はヨドバシカメラで24,500円(ポイント込)で購入した。

選んだ理由とFマウントの標準ズームは選択肢が多さ

ニコンFマウントの一眼レフを手にしてびっくりしたのは、とにかくレンズの選択肢が多いこと。

僕がメインに使っているマイクロフォーサーズでは、Panasonicがアホみたいに単焦点を濫造しているものの、実用するレンズの選択肢は限られてしまう。
それと比べると、DFマウントでは、純正現行のNikkorレンズに、TAMRON、SIGMA・・・
さらにニコン Dfでは非Ai方式のオールドレンズも使うことができる。

まさによりどりみどりである。

当初、Dfは単焦点レンズのみで運用するつもりだったけれど、この豊富なレンズ群をキョロキョロしていると、当然欲しくなってくる。

でも当然純正の大三元は高い。
SIGMAやTAMRONの24-70mm F2.8も当然検討するわけだけど、メインがマイクロフォーサーズである手前、Fマウントへの投資は最低限にしたい。

現実的なラインで最後まで迷っていたのが、AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR の中古。

中古なら実質3万前後だし、85mmの使い勝手のいい望遠域、 手ブレ補正もついている。
どうみてもこれで十分じゃん!とは思ったものの、中古の出玉を探すのは億劫だし、なによりD750のキットレンズだと考えると単品で買うのは何か悔しい。


そんなことをウダウダと考えて、いっそSIGMA 24-105 F4.0に手を出すか!?などとやけっぱちになっているときに見つけたのが、このTAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACROである。

メインのオリンパスのM.ZUIKO 12-40mm F2.8 PROよりも狭いズーム域、手ブレ補正無しで
「オラァ!大口径レンズだぞ!明るいぞ!気合入れて撮ればなんとかなるぞ!」

と言わんばかりの感じ。
しかも安い。

最終的に、

もういいや!これで!なんとかなるやろ!何より安いし!新品で24,000円のレンズなんて実質タダみたいなもんや!10個98円で売ってる卵みたいなもんや!最悪、味玉を作りまくればええのや!

 

と、謎の思考迷路に脳が迷い込んでしまい、気づいたらヨドバシカメラに突貫して勢いで買ってしまった。

先日、ケラケラと笑いながら読んでいたtoshibooさんのレンズ沼記事を全く笑えない。

 

実際にニコンDfに装着してみる

Nikon DfにTAMRON 28-75mmを装着

TAMRON 28-75mm F2.8をつけた状態。

大きさ的にはとてもしっくりくる。ジャストサイズと言っていい。
Dfは見た目的にもボディのグリップが小さいため、これよりも大きなレンズをつけるとホールド性が一気に下がってしまう。

レンズの見た目が安っぽいのは・・・まあ3万円以下のレンズだから贅沢は言えない。
せっかくDfを使ってるのにこのレンズだともったいない、とニコンファンから文句を言われそう。

28-75mmをテレ端に伸ばした状態

75mmのテレ端まで伸ばした状態

テレ端まで伸ばして見る。思ったより出てくるけど、全然許容範囲内。

f:id:tonkotutarou:20180528233951j:plain

AF・MFの切り替えボタン。
ピントリングは可動範囲が狭くてマニュアルフォーカスは合わせにくそうなので、あまり使うことは無さそう。

レンズの取り回しとしてはおおむね満足できるけど、強いて文句を言うならばAF時のピントリング可動がうっとうしい。
このレンズでAFを使うと、外側のピンクリングがジコジコと音を立てて動く。
見た目は頑張ってAFを合わせてくれている感じがして嫌いではない。
ただ、ファインダーを眺めているときに、無意識に左手がピントリングに触れて動きを邪魔してしまうことが多々ある。

いずれは慣れるから問題無いとしても、ゴミが引っかかって可動しなくなりそうで少し怖い

 

実際に撮ってみる

ヨドバシの帰りに梅田界隈をうろうろしながらシャッターを切ってみた。

 

 


このTAMRON 28-75mm F2.8 A09は非常に梱包が簡素なので、化粧箱を折りたたむとカメラバッグに収まってしまう。
「衝動買いしてそのまま撮りに行け」というタムロンからの強いメッセージを感じる。

 

28-75mm F2.8実写画像

ISO320 28mm F2.8 1/4000

ヨドバシ梅田から中津のほうに歩きながら、目に映ったものを手当たり次第に撮っていく。
とりあえずワイド端の28mmの開放で撮ってみる。
周辺光量ががっつりと落ちてしまう。解像感もまあこんなものだろう。
Dfにはカスタムピクチャープリセットにフィルム系を登録しまくっているので、こういう描写はむしろ味として全然許容範囲内。

中崎町にて自転車の写真

ISO320 75mm F4.0 1/60

中津に行こうとした足でそのままふらふらと中崎町へ。
下町っぽさの溢れる街並みが魅力のスポットだけど、日曜日の夕方ということもあってカップルが多くて思うようにカメラを向けられず…

ふと目に入った路地に置かれた自転車に、これまたいい感じで日差しが差していた。
こういうときにサッと構図を作って、もっと光をいきいきと表現できるレタッチができるように頑張りたい。

 

ISO320 28mm F8.0 1/60

雰囲気のいい駄菓子屋さんを見つけた。
和気あいあいとした雰囲気が良かったので、とっさに撮ったのだけど、案の定ブレている。
やはり手ブレ補正付きのレンズのほうが、E-M1 MarkIIに甘やかされた僕には向いていた気もする。
モノクロ加工はNik collectionのプリセットにて。加工して手ブレを誤魔化していく作戦(失敗している)。

ISO320 28mm F5.6 1/4000

ふらふらと中津からグランフロント周辺に戻ってくる。
グランフロント周辺には、歩きスマホの叩き落とすための水場が設置されている。
子供がずぶ濡れになってはしゃいでいた。夏が近い。

アンダー目に撮って現像でドバドバと持ち上げている。
やっぱりフルサイズはレタッチ耐性が良い。甘えてはいけない。
これまでDfのレンズは50mmと85mmの単焦点だけだったので、ワイド端で撮ることが多くなってしまう。

ISO1250 75mm F4.0 1/125

 

っていうかワイド端かテレ端でしか撮ってないじゃないか!

本能的に逆光で撮っちゃう病が治らない。
この日は良く晴れてたので、奈良で鹿を撮りたかったのを我慢していたというのもあるかもしれない。

ISO1250 75mm F4.9 1/125

そういや寄れるレンズだった、と思い出して、近場の花壇の中を撮った。
フルサイズの被写界深度が思っていた以上に浅いことを痛感。
この「寄れる」というところでは、マイクロフォーサーズに大いに甘えていたので、あまり期待しないで使うかなあ。
解像感は、今のところそんなに不満はない。

単焦点に加えるのにうってつけのレンズ

ネット上では安くてそれなり、という意見ばかりだったけど、
使ってみるとむしろ「全然これでいいじゃん!」という感じ。

テレ端とワイド端でばかり撮ってて、ズームレンズの使い方を分かっているのかすら疑わしい僕にはぴったりなのかもしれない。

もともとDfは単焦点で運用していこうと思っていただけに、このレンズの立ち位置は本当にちょうどいい。
とりあえずこのズームレンズを装着しておいて、鞄の中に転がしている単焦点と必要に応じて付け替えていこうと思う。

幸い、Fマウントには魅力的で興味を惹かれる安いオールドレンズが単焦点がたくさん転がっている。
足りない焦点距離はその都度買って補っていこう。


まあいずれにせよ、TAMRON 28-75mm F2.8 A09IIを買ったおかげで、しばらくレンズで悩まなくてよくなった。

あとはいい加減に頭を使って、しっかりと撮りたい写真を撮っていくだけである。

ニコンの一眼レフ、Dfが生えてきた。ミラーレスメインの僕がDfを選んだ理由

なんか知らないけど家にニコンのフルサイズ一眼レフ、Dfが生えた。

毎日、寝る前に「ニコンのDfが生えてきますように」とお祈りしていたら、本当に生えてきた。
信じたらカメラは生えてくる。

f:id:tonkotutarou:20180515224030j:plain
テンションが上がってとりあえず黒バックで撮った。

嬉しい。あまりにも嬉しい。
あまりに嬉しすぎて、まだ手元にまともなレンズが揃ってない。ボディと単焦点レンズしかない。アホか。

とはいえ、普段オリンパスのE-M1 MarkIIを使っている僕からすると、念願のフルサイズ機である。ズームレンズが無くともシャッターは切れる。

なぜ、E-M1 MarkIIを使っている僕が、Dfを選んだのか。
レビューしていきたい。

ニコン Dfとは

ニコンDfは、ニコンから2013年に発売されたデジタル一眼レフである。


フィルムカメラを彷彿させるボディに、当時のフラグシップモデルD4のセンサーを詰め込んだ変態仕様で、2013年発売ながらいまだに現行機。
新品価格もそれなりにするし、中古市場も全然値崩れしていないのではないか。

そう、僕のようなカメラ初心者がいまさら語るまでもないニコンの名機である。

f:id:tonkotutarou:20180515233736p:plain

ニコンのFXフォーマット一覧にもまだ載ってる
一眼レフカメラ製品一覧 | 一眼レフカメラ | ニコンイメージング

 

発売当時、僕はまだカメラを始めてすら無かったが、話に聞く限りはとんでもなく話題になったらしい。
なにしろニコン1桁機譲りの画質に、このデザイン。
この記事を書くためにググった限りでも、開発者インタビューとか対談がたくさん出てくる。
まあ、なんといってもめっちゃカッコいいもんな・・・

しかし、今はもう2018年、さすがに5年前の機種である。

 

上の画像を見れば分かる通り

  • 画素数は1625万画素
  • 常用ISO感度は12800まで
  • 連写は5.5コマ
  • 動画機能無し

と、今の一眼レフ・ミラーレスのスペックから考えると、
やや見劣りする部分がある。
チルトシフトも無ければ、wifiも無く、タッチパネルもついてない。
画像エンジンもEXPEED3と、2世代前である。


もっとも、「写真」を撮るという用途において、必ずしもDfが劣っているわけではない。
ただ、僕はE-M1 MarkIIという甘々のぬるま湯でチャプチャプと過ごしてきたカメラ初心者なので、つい比べてしまうのだ。

なぜ今さらDfを手に入れたのか

じゃあ、そこまで言うのになんでDfやねん。
フルサイズが欲しいならD750でもα7シリーズでもなんでもあったんちゃうんかい。

と言われるかもしれない。

手に入れた理由 その1:画素ピッチに余裕がある機種を試したかった

個人的に、デジカメの画素数にそんなに頓着が無い。
むしろ、どちらかと言うと画素数は「ほどほど」がちょうどいいんじゃないかと思っている。

確かに、画素数があったほうがトリミングはしやすくなるし、高精細な描写が得られる。

今回、フルサイズを考えるにあたって、僕だって高画素機が気にならなかったワケではない。
2400万画素くらいの「ちょうどいい」解像度のカメラでもよかった。

でもまあ、高精細な画像なら、E-M1 MarkIIで撮れないわけでもない。今使っているE-M1 MarkIIは、マイクロフォーサーズのセンサーサイズながら2000万画素。レンズの解像度もあって、それはもうよく写る。
(当然3600万画素超えのフルサイズとは全然描写が違うわけだけど、それでもしっかり撮れる)

だから、せっかくだからカリカリっとした描写はE-M1 MarkIIに譲って、
フルサイズらしいダイナミックレンジの描写の機種を試してみたかった。

そうなると、1600万画素のフルサイズ、余裕のある画素ピッチの触れ込みのDfは俄然魅力的な機種になってくる。


まあホンネを言うと、
「僕の腕前だと高画素機の一眼レフはブレまくる。おそらく使い物にならない。」
というのが最大の懸念事項だったわけであるが。

手に入れた理由 その2:無骨なデザインがかっこいい

f:id:tonkotutarou:20180516001230j:plain

やっぱりカメラはシルバーカラーですよ。


前に使っていたE-P5がシルバーだったということもあって、このデザインに非常に愛着がある。
軍艦部のシルバーはロマン。E-M1 MarkIIもシルバーボディを出せばいいのになあ。

アルミ削り出しの独立したダイヤル類もかっこいい。
このあたりは富士フイルムのX-T2なんかにも共通しているけれど、やっぱり物理ボタンはカメラのメカメカしさを高めてくれる。
まあ操作には或る程度慣れが必要だけど・・・

手に入れた理由 その3:だって生えてきたんだもん

お察しください

実際にDfで撮ってみる

新しいカメラがあるととにかくいたずらにシャッターを切りたくて仕方がない。いい感じの枝を拾った小学生のようなものである。

とりあえず、良い感じの被写体が撮りたい。
いい感じの被写体と言えば女の子と猫。女の子はいない。
よって、猫カフェで試してみることにした。

猫カフェに持っていったレンズ

今回僕が猫カフェにもっていったレンズは
AI AF Nikkor 85mm f/1.4D IF

 

・・・いや、これもなぜかDfと共に一緒に生えてきた。信仰は奇跡を生む。
現在の中古相場は6~7万くらいだけど、発売当時の希望小売価格は162,000円。
マイクロフォーサーズに慣れている僕としては、単焦点でもこの値段のNikkorにびっくりである。
(今の85mm F/1.4 Gのほうが高いんだけど)

もっとも、写りは抜群に良い。
というか使ってみて初めて知ってびっくりした。
しいて言えばAFがうるさくて遅いところが難点だけど、それでもこの写りは有無を言わせない迫力がある。

 猫カフェにて撮ってみた写真

f:id:tonkotutarou:20180519221458j:plain

(ISO400 F2.0 1/125秒 WB AUTO)

まずは撮ってだしで一枚。
すっごいボケる。こりゃ関西人としてはたまらへんでんがなまんがな。
ただボケるだけじゃなくて、ピント面からなだらかにスッと溶けていく。脳みそが蕩けちゃうよぉ・・・

ちなみにボケが良い感じなので誤魔化せた気になっているけど、ピントは鼻にきている('A`)

f:id:tonkotutarou:20180519223907j:plain

(ISO800 85mm F1.4 1/250 WB AUTO)

開放にて。
ピント面が薄氷のようで、撮っていてヒヤヒヤする。
カメラを覚えてからずっとミラーレスで撮っていることもあって、一発一発のシャッターが不安でしかたがない。

f:id:tonkotutarou:20180519224808j:plain

(ISO1600 85mm F1.4 1/125)


本来なら猫と同じ目線の高さで撮りたかったけど、
ファインダーを覗きながらということで膝をついて撮った一枚。
こういうアイレベルを変える撮り方は、E-M1 MarkIIのバリアングル液晶に軍配がある。
(ニコンの一眼レフのライブビュー撮影が使い物にならない、というのもあるけど・・・)

露出オーバー気味に撮って、Lightroomで補正。ISO1600ぐらいじゃほとんど画質劣化しないし、レタッチ耐性もばっちりだしさすがDfだ。
・・・いや、オーバー気味に撮った自覚は無かったんだけど、撮ったらオーバーだったんだ('A`)
ISO1600まで上げて何を言うかって感じだが。


このあたりの感覚もミラーレスでは絶対にありえないので慣れなきゃいけませんね。

f:id:tonkotutarou:20180519225714j:plain

(ISO1600 85mm F5.6 1/125)

絞って撮ってみる。
カリカリっとした感じではなく、自然にシャープになる感じが心地いい。

f:id:tonkotutarou:20180519230045j:plain

(ISO400 85mm F1.4 1/125)

縦位置で撮ってみる。
Dfはボディが軽いのもあって、サッと縦横を持ち変えられる。
ピントはきていない。

マイクロフォーサーズとは開放の被写界深度が全く違うこともあり、
ピンボケ写真を連発しているのは否めないところである。
このあたりはおいおい慣れていかなきゃいけない

E-M1 MarkIIとの住み分け

階調も豊かで、ボケも綺麗でDfはめちゃくちゃ楽しい。
シャッター音も心地いいし、ゴリゴリとダイヤルをいじっているのも気持ちいい。
でも僕にはE-M1 MarkIIもいる。E-M1 MarkIIもサイコーのカメラである。
「どっちが大事なのよ!」と両方から手を引っ張られている状態だ。

その上で、どのように立場を分けるか。

カメラ任せで素早く撮りたいときはE-M1 MarkII

Dfを使って感じたのは、撮りたいときにサクっと撮れないカメラだということ。
・・・いや、これは単純に僕が操作に慣れていないこともある。

E-M1 MarkIIの場合、ライブビューが軽快で手ブレ補正も効いて、開放からシャープで被写界深度もそこそこ深い。
シャッターを切るだけ、というのを前提にすれば、カメラを構えるのもそこそこにパッと撮れるカメラである(それでいい写真が撮れるかどうかは別の問題)
ファインダーに制約されない上に、バリアングル液晶を活かして、アイレベルを素早く変えて撮ることもできる。秒間のコマ数も多いので「抑え」の写真もばっちり撮れる。

加えて、ズームレンズのM.ZUIKO 12-40mm F2.8がとにかく便利であるのもE-M1 MarkIIの特徴だ。
そこそこ明るくて、AFも早くて、寄れてもちろん描写もいい。
24-70mmよりもちょっとだけ望遠なところもいい。これ以上に何を望むのか。

と、まあ、動物を撮りに行くときとか、混雑した場所でさっと写真を撮りたいときはE-M1 MarkIIかな、と。
あとは、その場で急にムービーを撮りたくなったときとか。

 

ファインダーとダイヤル操作でじっくり楽しむDf

じゃあ、反面Dfはどうするねん、という話だが、これはもう完全に100%趣味・写真を撮る行為を楽しむカメラなのだと思う。

カメラを構えてファインダーを覗いて、露出を見ながらダイヤルを操作して、シャッターを切る。
僕は写真を初めてからわりとすぐE-M1 MarkIIを買ってしまった上に、E-M1 MarkIIの性能にそれはもうバブバブと甘えて写真を撮ってきたので、
この当たり前のプロセスが全然できない。
要するにE-M1 MarkIIをコンデジ感覚で使っていたということになる。これはDfを持って初めて気づいた。

ヒャッハー!と息巻いてとりあえずシャッターを切るだけなら、露出がオーバーだったりアンダーだったりととんでもないことになってしまう。手ブレも発生しまくり。


このあたりの常識的な捉え方を、今後Dfのファインダーを通じて学んでいきたい。


我ながら贅沢すぎる先生だ。

 

単焦点とフルサイズセンサーで写りを楽しむDf

やっぱりDfは単焦点レンズが似合うボディだと思う。

・・・というのは建て前で、諸事情があって手元にFマウントのズームレンズがない。
手元にあるのは上述の85mm F1.4Dと、Ai Nikkor 50mm F1.4のみ。

85mm F1.4はAFが使えるからともかくとして、50mm F1.4はマニュアルフォーカスのみのかっちょいいレンズである。
これがまたとにかく僕の腕ではOVFでピントを合わせるのがめちゃくちゃ大変。

正直、オートフォーカスが使えるまともなズームレンズが欲しいのは否めない。
でもまあ、せっかくなので当面はDfは単焦点のみで運用していこうとは思っている。

 

一眼レフとミラーレスを使い分ける生活

以上、ミラーレスメインの僕が一眼レフに手を出すにあたってDfを選んだ理由・・・ということで書いてきた。

正直なところ、こうして書いてて、あまりにも贅沢でもったいない使い方である気がしてならない。
今のところFマウントをメインで使うつもりもないので、周辺機器も最低限で使っていく予定である。

久しぶりのブログ更新になったけど、
次回以降でDfで撮った写真や、ズームレンズを何買うか問題、Dfを使い続けて慣れてきたところや不満なところをつらつらと書いていけたらと思う。